シンポジウムは終了しました

※シンポジウムでの議論の経過はこちらに掲載しています

 

 第二回吉阪隆正賞・準備シンポジウム

『吉阪隆正賞とは何か REVISED』

 

 日本生活学会は吉阪隆正の没後三〇年を記念して、「吉阪隆正賞」を創設している。
 この賞は、近年に公表されたデザイン行為によって、現代生活にあらたな光を見いだした個人または集団を対象に隔年ごとに贈られるものであり、本年度は第二回目となる。
 今回のシンポジウムでは、第一回目の経過を整理したうえで、吉阪隆正賞の全体像と進むべき地平を浮かび上がらせる。


flyer01S

クリックすると拡大版がでます。ぜひ印刷してお役立てください。


yosizaka-phot 吉阪隆正(よしざか たかまさ)
建築家・登山家・探検家
1917年 東京生まれ
1933年 ジュネーブ・エコール・アンテルナシャル卒業
1941年 早稲田大学理工学部建築学科卒業
1950年 戦後第一回フランス政府給付留学生として渡仏、ル・コルビュジェに師事
1959年 早稲田大学理工学部教授
1980年 63歳で死去
主な建築作品
吉阪自邸(1955年、現存せず)、浦邸(1956年)、ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館(1956年)、ヴィラ・クゥクゥ(1957年)、海星学園(1957年)、呉羽中学校(1958年、現存せず)、日仏会館(1960年、現存せず)、江津市庁舎(1962年)、アテネフランセ(1962年)、大学セミナー・ハウス(1965年)、生駒山宇宙科学館(1969年、99年閉館)、野沢温泉ロッジ(1969年)ほか

 

■日時:2012年7月28日(土)
16時00分〜19時00分(開場15時30分)
第一部 第一回吉阪隆正賞の結果をどう考えるか
第二部 吉阪隆正賞とは何か・REVISED -第二回吉阪隆正賞へむけて-

ゲスト:大塚聡(大塚聡アトリエ/第一回吉阪隆正賞次選者)

司会:中谷礼仁(建築史家・早稲田大学教授)


■会場:早稲田大学西早稲田キャンパス 55号館N棟1階大会議室
    (営団地下鉄「西早稲田駅」下車徒歩0分)
    (会場地図:http://www.waseda.jp/jp/campus/okubo.html

■主催:日本生活学会・吉阪隆正賞基金事務局

■出席者
  <選考委員会委員長>
    内藤 廣 (建築家)
  <選考委員会委員>
    岡崎乾二郎(造形作家・近畿大学教授)
    中谷 礼仁(建築史家・早稲田大学教授)
    西川 祐子(元京都文教大学教授)
    藤井 敏信(東洋大学国際地域学部長)
    松山 巖 (評論家)     五十音順

※なお、選考委員会委員の進士五十八氏(造園家・東京農業大学名誉教授)は所用の都合で欠席

■参加申し込み:不要(定員200人)

■入場料:無料

 


 

■問い合せ先:日本生活学会事務局
  〒169-8555 東京都新宿区大久保3-4-1
  早稲田大学西早稲田キャンパス55号館S棟402A
  TEL/ FAX:03-3208-3494
  E-mail:lifology.official@gmail.com

 


←Back to Main Page