吉阪隆正とは


yosizaka-phot 吉阪隆正(よしざか たかまさ 1917-1980)
建築家・登山家・探検家

1917年 東京生まれ
1933年 ジュネーブ・エコール・アンテルナシャル卒業
1941年 早稲田大学理工学部建築学科卒業
1950年 戦後第一回フランス政府給付留学生として渡仏、ル・コルビュジェに師事
1959年 早稲田大学理工学部教授
1980年 63歳で死去
主な建築作品
吉阪自邸(1955年、現存せず)、浦邸(1956年)、ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館(1956年)、ヴィラ・クゥクゥ(1957年)、海星学園(1957年)、呉羽中学校(1958年、現存せず)、日仏会館(1960年、現存せず)、江津市庁舎(1962年)、アテネフランセ(1962年)、大学セミナー・ハウス(1965年)、生駒山宇宙科学館(1969年、99年閉館)、野沢温泉ロッジ(1969年)ほか

 


 

吉阪隆正賞とは

日本生活学会は、学会創成期に指導的役割を果たし、生活学の実践につとめた故・吉阪隆正の没後30年目にあたり、吉阪隆正の業績とその思想を将来にわたって継承するとともに、「生活とかたち」を追求した創作的実践活動の振興を目的として『吉阪隆正賞』を創設し、隔年ごとに選考および授与する。

 


 

第4回吉阪隆正賞選考委員会

委員長:内藤廣(建築家・東京大学名誉教授)
委 員:藤井敏信(国際開発学・東洋大学名誉教授)
    北山恒(建築家・横浜国立大学大学院教授)
    後藤春彦(都市計画家・早稲田大学教授)
    中谷礼仁(歴史家・早稲田大学教授)
    (敬称略)

 


←Back to Main Page